「加藤の乱」最大の違和感と真実 – 文春オンライン