学術会議騒動で考える中国とソ連 – やまもといちろう