思い付き、企画倒れと自己矛盾、そして立憲民主党