恫喝しても進む前明石市長の根性 – やまもといちろう