滝クリが拒否した別の命名候補 – 女性自身