経済効率が優先され消失する棚田 – 篠原孝