離島で遊説する進次郎氏の横顔 – 文春オンライン